ガハハ・ビール:オーナーへのインタビュー

0

Gahaha Beer Logoガハハ・ビールは2017年以来東陽町で自家醸造しているクールな醸造所直営パブ。150Lのバッチで醸造しており幅広いラインアップを取り揃えているが、メインは「馬場のブロンド」と「マーシーIPA」。この醸造所直営パブは顔馴染みの地元の人たちが訪れるローカルなバーだが、新規のお客さんでも直ぐに地元のお客さんたちと仲良くなれる。ランチのオススメメニューは人気があり、オーストラリア料理のベジマイトも味わえる。Gahaha Beer - 馬場哲生・Tetsuo Baba

インタビュー

タイヘイ:なぜ東陽町でお店を始めようと思ったのですか。

馬場さん:私(馬場)の生まれが東陽町だからです。地元に帰ってきました。

タイヘイ:馬場さんや馬場さんのチームの皆さんはビール醸造をどのように学びましたか。新しいスタイルのビールを醸造しようという向上心を、どうやって維持しているのですか。

馬場さん:私(馬場)が高円寺にある「ビール工房」というところでビールづくりを学びました。チームは私が最初に教えて、皆、それぞれ他のブルワリーや「ビール工房」の先輩に聞いたりして多くの知識を集めてきてくれます。ビールづくり自体がコントロールが困難で、その困難に日々立ち向かうことが向上心だと思ってます。あとは、他でやってないビールとかすでにあるビールでも自分ならこう作るというワガママさでしょうか。

タイヘイ:もっと大規模なシステムで醸造したいという気持ちはありますか。または東陽町の常連のお客さんに焦点を当てていく方のが楽しいですか。

馬場さん:お店としては日々、常連さんも新しいお客さんも気軽に楽しくやっていきたいと思ってます。ただ、ビールの味に関してはもっとクオリティーを高めたいので外に羽ばたいていきたいです。なので、新設備やビールの卸売やパッケージ商品も考えています。

タイヘイ:ガハハ・ビールで提供してるビールのなかで、伝統的な日本料理の居酒屋料理と合うのは、どのビールだと思いますか。例えば、お刺身とかトンテキとか。

馬場さん:「DANCHIエール」「マーシーIPA」は合わせやすいと思います。それを探すのがビールへの向上心かもしれません。

タイヘイ:ガハハ・ビールに他にも馬場さんには宝物同然の大切なお子さんたちがいらっしゃいます。お子さんたちに、このガハハ・ビールを継いで欲しいですか。それとも自ら道を切り開いていって欲しいですか。

馬場さん:子供は私の一番の宝です。私の仕事しているところを見て欲しいという願いはあります。ブルワーもコックもなかなか大変な仕事です。子供には自分で道を決めて欲しいですね。一つ言いたいことは多くの人を愛し、人の役に立つ生き方をして欲しいです。

インフォメーション

ブルワリー Gahaha! Beer
地図 〒136-0076 東京都江東区南砂2-3-1-118 南砂二丁目住宅商店街
Taiheiyogan https://www.taiheiyogan.com/content/gahaha-beer/
Facebook https://www.facebook.com/ガハハビール-gahahabeer-1639230606096746/
Twitter https://twitter.com/gahaha_beer
Instagram https://www.instagram.com/gahahabeer/
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です